プロフィール

    MS興津

    Author:MS興津
    興津でのダイビングは2016年より禁止となりました。過去の記録としてこのブログを残しています。

    最新記事

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    恋の季節

    昨日の雨も上がり、今日は気持ちいい晴れの日ダイビング♪
    台風6号が近づいてきているみたいですが、
    まだまだ遠いので影響はありません。

    自然界は陸上も海の中も今の時期が繁殖の盛んな時期みたいですね。
    あちこちで求愛行動や交接行動をしている姿を見かけます。

    その中でいくつかご紹介します。

    DSC06437s.jpg

    写真だと分かりづらいかも知れませんが、タコの交接中の写真です。
    左上のオスダコから右下のメスダコへ1本だけ足が伸びているのがわかりますか?
    タコは交尾しません。
    オスダコの8本足のうち1本だけ生殖器となって
    精包(せいほう)、または精筴(せいきょう)とよばれるカプセルに包まれた精子を
    メスに届けて受精するのです。
    写真を撮ろうと近づいたら、必死に体の色を変えて威嚇してくるのですが、
    その1本の足だけは離そうとしませんでした。
    かわいそうなので、これ以上はそっとしておきます。

    次は冬の時期にたくさん見られたウミウシの交尾。
    この時期からウミウシの卵をたくさん見るようになると同時にウミウシ本体の姿は少なくなってきます。

    DSC06445s.jpg

    ウミウシの仲間は、雌雄同体といって1匹のオスメスの区別がありません。
    オスでもあり、メスでもあるのです。
    同じ種類のウミウシが海中で出会うとそこで交尾が始まります。
    体の右側にある生殖管を互いに結合させ
    自分の精子を相手に渡し、相手の精子を受け取ります。
    種の保存の意味ではこんな形が効率いいのでしょうね?

    自然界には、いろんな形の繁殖活動があるのですね。
    また機会があれば、他のも紹介したいと思います。


    本日のダイビング
    1本目:磯木  2本目:島戸
    天候:晴れ
    海況:凪、ところによりうねり少々
    気温:24度
    水温:21~19度
    透明度:6~12m
    スポンサーサイト

    | ホーム |


     ホーム  » 次のページ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。